TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

市の健診で、胃がん検診、があると思いますが、恐らく「バリウム」検査でしょう(高知では)。 私も昔は希望者にバリウム検査をしていて、胃にポリープがあり、位置的にも問題ないけども、健診で引っかかった場合、胃カメラで組織をとる必要もあるので、その病院でしましたが、、、 やはり胃のポリープは胃底腺ポリープで問題ありませんでしたが、、、 早期の食道がんが見つかりました。 私の造語ですが、ちゃんと胃カメラをすると、「咽頭・喉頭・声帯・食道・胃・十二指腸カメラ」となり、見落としの確率は相当低くなります。 上記以外でも、胃にポリープがあった、という方、食道がんや、声帯癌がみつかっています。 市の取り組みを真っ向から否定するわけではありませんが、他県ではすでに、バリウムか胃カメラを選択出来ます。 ちなみに、大腸のバリウム(実際にはバリウムではないのですが、似たような検査です)検査はなくなりました。 もう胃のバリウム検査もなくなる可能性が高いと思っています。 胃に不安があり症状があれば、当院で保険診療で、「咽頭・喉頭・声帯・食道・胃・十二指腸カメラ」を鼻からでもできます(現状もっとも新しく、最も細く、柔らかく、超早期の食道がんや胃がんを見逃さないように「三」色でみるカメラが誰にでも当たるように不公平感をなくし、うとうと点滴しながらすることも出来ます。
また、大腸がん検診は便の検査ですが、弱点があります。 これを「私は痔があるから」や「陰性」なので大丈夫、となってしまうのが怖いと思っています。 痔があっても同時に奥に大腸癌がある可能性、また大腸癌があっても陰性になる可能性があるので、「大腸癌や治療しなければならない大腸ポリープは確率的な存在は少ない」検査であることを説明が必要です。 通知の紙だけでは不十分でしょう。
さて、健診<検診で、より詳しくみるのが検診なのですが、腹部超音波で、人間ドック学会にそった検査をするので、腹部エコーは大動脈、膀胱、前立腺はみないことになっています。 これは非常に恐ろしいことです。 年に一回しているから、、、 高血圧がある場合、大動脈をみないことはナンセンスです。 また膀胱は半分が壁浸潤型といってエコ—ではポリープの形をしてないので、「大丈夫」といえないから、学会でしない方針でそのガイドラインにそっているから、という言い訳にしか私には聴こえません。 半分は分かる訳ですから見るべきですよね。 その上で、注意点を話すべきだと思っています。 さて前立腺はエコーでは癌が分かりませんが、PSAという前立腺癌をみつける血液検査をするときに、前立腺の大きさが非常に大事になってきます。 当院では全例にサイズを測定していますが、「小さいのにPSAが高い」のは癌の可能性が高いのです。
こういったことでトータルでみなければ、いくら無料でも、命にかかわることなので危惧しています。
※その検診の病院やクリニックでは、エコーやカメラ、バリウム検査を、担当医がしていますか? 他人がした検査の報告書だけで「(多分)大丈夫」っておかしいと思いませんか? しかも自分がおしえた仕方でした場合なら分かるのですが、大きな所では統一性にかけると思います。 実際にほっておくと、俗っぽい言い方ですが「ヤバいかも」という所見を紹介したときに、見逃されていました。 医師はその検査をしていませんでした(有能な技師にあたらなかった悲劇です)。 実際は再度無料でみていただくようにお願いし、経過観察となったのですが。
医療は確率の学問です。 ○か×ではありません。 どちらかの可能性を高めていって、最終的に○の可能性がほぼ100%というのが医療だと思っています。 心臓の治療でもそうです(なので、紹介する医師、医療機関は、患者さんに「どこどこ」でどこがいいですか?と聞いています。それ以外を患者様がせんたくすればもちろんそこに紹介しますが、レベルが高く、信用性がおける医師に紹介したいと思っています)
少し違和感を感じながら覚えながら、私自身は全力で取り組んでいます。


ページ上部へ