TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

オーソライズド・ジェネリック(AG)といって、先発品(正規の薬)を発売している製薬会社が作っているジェネリックは、値段もやすく、正規薬品と同じ性能、といってもいいと思います。

しかし、AGの薬があるにもよらず、他のメーカーのジェネリックを採用している薬局を私は信用していません。 薬局の経営もあると思いますので、他人が口出すことではありませんが、患者さんには知っておいて欲しい事実として、「海外では、ジェネリック薬品は、正規薬品とは、違う薬」という認識です。 有効成分が入っているというだけで、そのほかの薬に入っている成分は全く違います。 また、効くかどうかの実証も研究もされていません。

例えば、花粉症でアレジオンを市販のドラッグストアで買って、その後、処方箋でアレジオンを薬局でジェネリックにされてしまうと、市販薬の方が効きます。 これは絶対の事実です。

知っておられる方もおられると思いますが、最近では、大手製薬会社の「ファイザー製薬」のジェネリック薬品に発癌性物質が見つかった、という事例もあります。 有効成分が同じでも、その他の部分が違う証拠と言えるでしょう。

当院では、花粉症に対して、鼻腔鏡を用い、その方のlifeスタイルに合わせた、最も適切な薬を提案しています。 点眼薬、点鼻薬も同様です。 花粉症の薬についての問い合わせが多いのですが、全て処方可能です。


ページ上部へ