TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

心臓が悪くないか、腎臓が悪くないか、肝臓が悪くないか、甲状腺が悪くないか、(その他にもありますが)そして、降圧剤の1種である、Ca拮抗剤を飲んでないか、の順番に考えます。

どの部分が浮腫むかで悪い臓器はわかるのですが、原因がわからない浮腫みは、結構、薬剤性のことがあります。

Ca拮抗薬はアムロジンが有名ですが、長時間(24時間)型がこの世にでて、日本人の脳出血を減らした薬で、長生きには欠かせない薬となっています。

この Ca拮抗薬は、動脈は拡張させるも、静脈は拡張させないので、心臓から行ったきりの血液が、戻ってきにくい状態、となっているのです。 可能なら他剤に変更して、Ca拮抗薬を中止してみないとわかりません。

常に、薬が悪さをしていないか、を考えながら処方することが大事と思っています。

基本的に、「この薬では絶対にありえない」ということはないと思っていますが、もちろん例外もあり、例えば「ビオフェルミン」を飲み出したら血圧が上がった、というのは、「それは間違いでしょう」となります。 ただし、ビオフェルミンを飲んで、腸内環境がよくなり、食欲がでて、塩分を取りすぎて高血圧、という壮大な間接的なこともありえるかもしれませんが、直接的な因果関係医は否定しなければ、ならない場合もあります。


ページ上部へ