TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

今年は四国では、2/10ころから飛散するとされており、敏感な方は2月初旬からアレルギーの薬を内服開始しています。 花粉が飛ぶ約2週間前から内服を開始していると、症状が出にくい、といったデータもあります。 スギ花粉は4月終わりまで、ヒノキは5月末までが一般的です。 当院では、アレルギー体質かどうかのIgE検査に加え、viewという、花粉だけだなく、近年子供だけでなく、大人でも問題となっている、食物に対するアレルギーがあるかどうかの検査(いずれも血液検査です)ができるようにしています。 もう既に、アレルギー性鼻炎の方に処方をしている状態です。 鼻腔鏡を私は診ることができますので(喉を見るようなものです、加えて10分程度の血液検査で炎症反応もみることができます)、風邪かアレルギーかの鑑別も可能です。

アレルギーの薬は、点鼻薬で良いものが処方できるようになったこと、また、内服薬でも鼻がつまる、症状の方に処方する薬もあります。 眠気がすくないもの(飛行機のパイロットが飲んでもいい薬)を処方することもできます。

いずれにしても、早めの対処が症状を軽くするため、気になれば来院してください。


ページ上部へ