TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

病院からのお知らせ

一宮きずなクリニック福田大和院長からのお知らせです。


 

よく使われる「心技体」ですが、これは逆だと私は思います。 野球で有名な落合博満さんも言っています。 まず体が健康でなければ、いろんな技術や考え方も十分にできず、心が不安になる、と思うからです。 病は気から、も、実際に経験したなかでは、心臓病かも、、、という方に心臓のエコー検査をして、現時点では問題ない、という一言で症状が消失するかたもいます。 医療者にとっては、技術が稚拙であったり、落合氏が述べて …【続きを読む】


 

私の父親である、福田心臓・消化器内科の理事長である、福田善晴が立ち上げた社会福祉法人と、「安心して訪問診療をまかせられる病院」として、医療法人 大和会の福田心臓・消化器内科が「週刊文春」で四国では唯一掲載されていました。 私は、どちらの法人でも理事を務めています。 医療のみならず、介護、福祉のことで困ったことがありましたら、当院に相談してください。


 

私は京都第一赤十字病院や、徳島大学病院、現:四国こどもとおとなの医療センターで勤務していました。 医療センターでは、エコーのチェッカー、心臓リハビリのセンター長を務めていました。 その病院で私しかできない手技がありました。 そういった医師が開業するのです(なかには、違う場合もあります) 実は、最終拠点病院としての位置付けの、医療センターや日赤は、悪くなった人や、早期がんの治療などを診ています。 強 …【続きを読む】


 

大晦日昼前に、本の監修をしてくださる先生(教授)からの速達での校正部位や、手直しをするところ、書き直すべきと思われた部位を書いたものが届いたのと、東京の編集をしている方とのやりとり、スライド作りなどで、年越し蕎麦を家族で食べた以外は、部屋からでずに、資料を見直しながら、power pointとwordとにらめっこしています。 リライトをしている方にエコーのことを質問されると、非常に本が良くなってく …【続きを読む】


 

私が医学生になった時に、父親は今の私より5歳くらい年上でしたが、福田心臓・消化器内科を開業しました。 当時の忘年会の写真をみると職員10人に満たないat homeな感じで忘年会が行われていました。 医療法人となり、また、グループとして、社会福祉法人なども手がけるようになり、忘年会は、日本で初めて心臓内科という言葉を作った父親らしく、希望からとった「望年会」となって、結構盛大に行われます。 こういっ …【続きを読む】

1 2 3 4 5 6 9

ページ上部へ