TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

心臓リハビリテーション(心リハ)の「医師」が取得する資格「心臓リハビリテーション指導士」について、学会で定めた2年間以上の認定施設で研鑽し、試験を受けて取得する資格とされています。。 さらに、私は、この2年間は、急性期の病院で、心リハもしながら急性心筋梗塞を自身の責任で治療し、心エコー検査をし、そこで心リハをして、さらにその効果を重症例から軽症例までを診て、心リハはいい治療法だけども、限界もある、と感じた医師が取得するべき資格だと思っています。

実際に私は「心リハ」と「サムスカ」という薬は、循環器診療、教科書を変えた治療、だと思っていますが、やはり限界はあります。 いくら頑張って心リハを施行しても、ステント治療した部位が再度狭窄することもあります。 しかし、適切な心リハはその確率を下げることを説明し、運動療法を続けてもらいます。

また、近年、運動のしすぎ、これを「過負荷」といいます、が悪い、とされています。 重症例では大きな機械でどのくらいの運動がいいのか、や、軽症例でも大きな心リハ専用の機械がないと、過負荷かどうかが分からない、ではいけないと感じ、私は心臓カテーテルをした人は、心リハの大きな機械の検査、心エコーの検査を同時にしていました。 カテーテル検査がなくても、心エコー検査は必ず同時に自分でしていたので、エコー検査で、過負荷かどうかがわかるようになりました(論文として発表しています)

心リハの大きな機械は、患者さんのお金の負担もかかり、時間もかかる検査で、そんなにおいそれと何回もできません。 最近、心リハを卒業し、在宅で運動療法している人の糖尿病のコントロールが悪くなってきました。 運動中の脈を測ってもらうと、心エコー検査で推測した有酸素運動の脈拍を超えているので、少し遅く歩いてもらうことで、糖尿病のコントロールがよくなった例もあります。


昔の本などでは、10年も医師をすれば、ある程度同じレベルになる、という本を医学生時代にみたことがあります。 これは大きな間違いだと思います。 執筆された先生も後悔しているのでは?
私は、大規模な臨床試験の結果や、信用できるガイドラインを元に治療をしますが、私は自分の経験や私は統計学で論文を書くのが「趣味」ですので、自分の治療・経験を解析したものを重要視しています。 つまり、最新の他人がした大きな結果の論文も重要視しますが、プラス、自分の論文・解析で治療を考えます。

なぜか? たとえば、脳梗塞が非常に多い地方を中心に行われた大規模な試験と、自分が守るべき一宮地域を中心とした高知北部の患者さんとでは、結果が違うのは当たり前だと思うからです。 東京の結果と高知の結果では、論文の結果も、高齢化などで変わってくるはずです。

「こういう大きなデータがあるので、この薬にしましょう」という説明も大事ですが、そこに「私」の意見を話して納得してもらうことが大事だと思っています。
そういったことが、本当の「地域医療」だと思います。


日本でも研修病院で有名な「亀田総合病院」が、地域の抗生剤の効果について報告をしていました。

私も開業して1年が経ちますので、「勉強しています」「研鑽しています」というだけでなく、実際に患者さんの役にたつことを統計解析してみました。
すると、当院から上記の範囲に住んでいる65歳以上の方は、気管支肺炎のときにクラビット、オゼックス、クラリスは9割以上効果が望めません。 知っておいて損はない情報だと思います。 膀胱炎に関しても、クラビット、オゼックスは6−7割効果がありません。 耐性化ができてしまっているからです。
ジェニナック、グレースビット、オグサワ(サワシリンとオーグメンチンの半錠ずつを1錠としたもの)などのペニシリン系は全く耐性がないことも不思議です。

私は「研鑽します」というのは、学会や研究会で聴講するだけではないと思っています。 「情報発信型」であることが、最も研鑽している証拠だと思っています。


研究会にて私がお呼びさせていただいた森沢先生から、貴重な講演をしていただきました。 急性期から回復期へ、さらに在宅での心臓リハビリテーション(心リハ)の在り方、実践方法を、最新の知見とともに教えていただきました。
講演後、「基本は急性期で良いのでしょうか?」とお聞きしたところ、やはり基本は急性期のようです。
私は、全くの心リハ素人が1週間から2週間の見学で、心リハをしてはダメだと思っていますし、その点をお聞きしたら、心リハ学会でも問題視して、簡単に専門として開業はさせない方向のようです。
さらに、今、心リハの中心を担っているのは間違い無く「理学療法士」の方です。 我々医師ではありません。 医師といっても循環器の専門家です。 癌がもっとも少ない科です。 癌治療にほぼ関わらない理学療法士が中心となり、癌に無関心な医師がバックに控えている、この状態はかなり危険です。 心リハチームには、「癌検査はできているのか?」と言える人が必要だと思っています。 それは医師でないとムリでしょう。 なので、まだまだ心リハ専門で癌検査も考えた医師、はまだまだ流行ってないようです。 私はそのことを流行らせたい。


明日、私が世話人をして座長をする、高知の心臓リハビリテーションの研究会があります。
私自身も発表をします。 その発表の内容は、「心臓病が生まれて初めて患った方は、4−5年後に20%の確率で癌が見つかる」という、世界初の発表です。 もちろん、きちんとがん健診・検査をしていることが前提です。

何が言いたいかというと、ほとんどの循環器内科医は「がん治療」や「がん検査」を経験したことがないので、心臓病をみる観点からしかものが言えないことが多いのです。 多くの報告が、心臓リハビリテーション(心リハ)を行うと、心臓病の再発が少なくなる、というものです。 「運動はがんを減らす」という報告がありますが、これは健康な人での報告です。 心臓病の方は糖尿病の気があるので、癌になる確率が高いのです。 心臓リハビリテーションをすれば癌の確率がへる「かも」しれない、という根拠のないことが言われることがありますが、証明されたことは今までありません。

そして実際に心リハを行って、体力がついても、癌になる確率は変わりません。 心臓病を患うと、どうしても患者さんは心臓のことだけを考えてしまいます。 その気持ちも十分わかります。 しかしこの発表、論文を読んだ方が、少しでも、心臓以外のことを考えてくれると、世の中も変わるかもしれません。


ページ上部へ