TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

現在執筆中の「心臓超音波の医学書」について、上記のことを書くのが良さそうだ、との意見があり(以前のものと違い、初学書向けかつ、現在の私が教わったことまとめた、玄人が読んでも気づきがある、ちょっと工夫をこらした本です)、面白い、書き忘れていた、と思った次第でした。

例えば心雑音があったりや頸部の視診の異常所見があれば心エコー検査、心臓手術以外の外科の手術前の心機能をみる検査、緊急時の心筋梗塞のため(前後)の検査、その他、たくさんあり、例えば私は、患者さんからコストをとらず、当然、保険請求もせずに心エコー検査をすることがあります。 それは、利尿薬を減量するときや、逆に増量しないといけないときに、心エコー検査は非常に有用だからです。 また、世界で唯一、心臓リハビリの有酸素運動の心拍数決定に心エコー検査を参考にすることが当院の心エコー機器には自動的に算出されるようになっています。
私は、心エコー検査をするときは、出来るだけ、他の検査、心電図、レントゲン、CT検査、採血検査を参考にします。 以前のエコー検査だけを参考にしている、医師、技師がいたので、理由を聞くと、エコーをした後、その所見をあわせてみるのは外来をしている医師の仕事では?、や、所見は後から見て自分の心エコーが正しかったかどうかを判断する、という意見がありました。 私も以前はそう考えていたのですが、実はこれは全くのナンセンスです。 心エコー検査は、検査前に出来るだけ他の検査の情報を仕入れておいて、検査をしないと、異常所見を見逃す可能性があるからです。 例えば、通常のCT検査でも、貧血があるかどうかはちょっと放射線科をかじっていればすぐにわかるので、貧血心の可能性を念頭におけますし、最近の報告された内容ですが、冠動脈の石灰化が普通に見えるで、狭心症の可能性を念頭において検査をすることが、言われ出してきました。
医師がどんなことを考えて、検査をするのか、一般の人が読んでも、医師がたとえ専門用語で説明をしても分かるように、かいています。 もちろん、医療従事者向けの本ですが、薬剤師の方はもちろん、医療を「うけている方」でも、「なるほど」と思う部分があるような本にしたいと思いながら、クリニックは休みですが、私自身は仕事をしています。 医師にとって、正月などの休暇は論文を書いたり、こういった普段まとめてできない仕事をするチャンスだと私は考えていますし、もちろん気分をリフレッシュすることも大事ですが、職業柄、身についた習慣です。 遊んでばかりの医師は私の周囲では見たことがないのでいい刺激になっています。


ビタミンDは骨粗鬆症の治療に必要とされていますが、心臓リハビリ(適切な運動療法)においても、ビタミンDの血中の濃度が高いほど、体力があり、運動療法の効果として筋力増強効果があるとされています。
タンパク質をとって、筋トレをするのが基本なのですが、細かいことのように思えるかもしれませんが、重要なことです。
心臓リハビリをしていても、効果がない、という方は、ひょっとするとビタミン不足があるのかもしれませんね。 まだまだ、わからない部分もある論文ですが、世界中の今後の課題ですね。 当然、心臓リハビリに関わるものとしては知っておかなくてはいけないことです。


心臓リハビリテーションをしていると、この方はしていて良かったな、と思う人がたくさんいます。 しかし、有名な論文で、長生きに貢献した治療法だ、という長期間観察した論文はすくなく、おそらくその論文で説明している医師は今は心臓リハを専門としている医師としては、ちょっとな、と思うほど、「適切ではない」論文です。 短期間の論文はあるとしても、QOL(生活の質)をあげるという論文はたくさんあっても、予後の改善効果はなかった、という論文が、有名な論文の前後に非常に多いのです。 今後の課題かもしれませんが、私自身は、心臓リハを極めた医師のもとですると、「悪い所見」がわかり早めに対処できたり、心房細動の心拍数の適切な薬剤の量、雑談を通して認知症の進行を、普段の診療より詳しく話せることから、予後は良くなると思っています。 ただ、「心臓リハはいいです」だけで盲信して、漠然とすることは、「よくない」論文と変わらない行為だと思っています。


私自身は、正月はほぼ返上で、執筆活動や論文、講演会(医師に対して、県外にも出張)のスライド作りを行います。 それは、きずなクリニックでも行うことがあります。

みなさまもお忙しい正月を過ごされる方もおられると思います。 お体に気をつけて、来年もよろしくお願い申しあげます。

 

※正月休みも当院の駐車場は、個人の私有地です。 公共の場所ではありませんので、認められていない車が止まっていると(人が乗っていても)、占拠罪になり、訴訟問題とし、レッカー移動させていただきます。 みなさん、自分の庭に車をおかれると嫌でしょう。 チェーンをしないのは、交通量が多い為、歩行者や車の接触をさけるためにしていないのです。 なお、診療時間内(昼の休憩時間もいれて、電話対応はしていますので)の9時から17:30は、営業妨害、という罪に問われます。 多くの医院、クリニックがチェーンをしたり、大病院ではお金を払わないと止められないのは、しごく当然のことなのです。
見つけ次第、レッカー移動をさせていただくのは、正月などの休暇は清掃などの業者が車をとめることがあり、邪魔になるためです。 それらの車は認めているから当院としても把握しています。 個人の引越しや、荷物の運搬業者がおくことも、当然、占拠罪となります。 刑事訴訟、また民事訴訟を事前に防ぐ為に、チェーンをするのもいいのですが、周囲の方の交通のこと、安全面を考慮してしていません。 ご理解のほど、よろしくお願いいたします。


お薬は足りてますでしょうか? 例えば、脳梗塞を起こさないように必ず毎日飲まなければいけない薬や、心筋梗塞を起こして、ステント治療を行っているのに、血をサラサラにする薬が足らなくなっている、また、血圧の薬に関してもそうです。

糖尿病の薬もそうです。

コレステロールの薬を3日忘れたからどうとなるわけは、普通の方ではありませんが、大きな病院では、必ず飲んでいないと、コレステロールの塊がどんどんと血管から剥がれてしまう場合で内服している時は危険です。

とりあえず、明日(金曜日)は、当院は午後の5時まで受け付けていますので、何かありましたら、来院されてください。

当院では、12月にしか1回目を打てなかった子供さんのためにも、1月末までは、インフルエンザ予防接種を(成人にもですが)うけることができるようにしております。

 

 


ページ上部へ