TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

偶然、エコー検査で見つかった場合、まず癌との鑑別が必要になります。 古い20年前の論文からガイドライン(治療の方針)はできていますが、癌でなかった場合、みなさんはどう考えるでしょうか? 癌ではないからほっておく、それも一つの考えでしょうが、医療保険を使わない検診のエコー(動脈、膀胱、前立腺、腹痛時の腸、卵巣はみてくれません。 人間ドック協会のきまりです。 高血圧で大動脈瘤などがあれば、非常に怖いと思うのですが、未だにその部分は変わっていません。

さて、私は表題にある病気が見つかった場合、1年毎(丁度検診をうけるような感じですね)に腹部エコーをしていくのが良いと思っています。 病気の場所、大きさで、癌化する因子であることも報告されているからです。

癌にはならないと言われた、という方もおられますが、あくまで日本の古い論文であり、医療は刻々と変わっていく中、なにもしない、は致命的に今後なっていくことを考えると、医療保険を使って超音波専門医にみてもらうのがいいでしょう。 2年に1回でもいいかもしれませんが、腫瘍マーカーなどを測定したほうがその場合いいでしょう。

諸説あると思いますが、胆嚢腺筋腫症によっては手術をしたほうがいい、となる場合もある事例も何例も経験しています。


ページ上部へ