TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

鼻腔鏡をみて鼻粘膜をみると診断がつきます(アレルギーか感染症か)

当院では、眠たくならないデザレックスや、効果が強く妊婦さんでも問題ないザイザル、だけでなく、鼻閉(鼻づまり)にも効果がある、ディレグラを処方しています。 ディレグラを通り越して、セレスタミンの処方も見受けますが、ステロイドが入っているので、内服には十分注意が必要です。 ディレグラの添付文書に循環器系のこと(頻脈など)が書かれてしまっているので、循環器医以外は出しにくいのかもしれませんね。 循環器医はほぼ問題なく処方ができますが、ひょっとしたらこの人には処方しない方がいい、という人を選別できます(つまり向いてない処方をだす確率が減ります)

また、多くの人が(医師も)しらない、鼻から吸入する薬で、粉状のものである「エリザス」を処方します。

いまだにゼリー状のナゾネックス(前方にも後方にも垂れる)をみかけますが、、、 アラミスト(やはり垂れる)よりも効果があります(ステロイドが入っているので、「鼻の部分だけ」免疫力を落とします。ちなみに欧米でのガイドラインではまず鼻からの吸入を推奨しています)

市販の薬は血管収縮効果がありますが、根本的な治療ではなく、1日に何度もしないといけないし、鼻粘膜を傷つけてしまう可能性もあります。


以前より私は、糖尿病の薬で、尿に糖をだす作用がある数種類のうち、「スーグラ 」は踏み絵の薬だと講演でも発言していました。 このブログでも書いていました。 この度、以前より言われている「アナフィラキシーショック」がある、という薬の注意書きが、この種類の薬としては初めて(やっと)記載されました。

ちなみに、ジャヌビアという、薬はよく出されるものですが、皮膚障害が同種類の薬の中で多いこともあり、同じ製薬会社から出されています。 もっとも早く出された薬なので処方数が多い薬ですが、アトピーや喘息がある方には私は処方しませんし(1例そういった副作用がでた患者様が当時はこの薬しかなく処方したところでた経験もあります)、これも薬の添付文書に上記の記載が多いことから、「スージャヌ」という、スーグラ とジャヌビアの組み合わせの薬は絶対に処方しません。

「踏み絵の薬」という意味は、知っていて処方するなら罪、知らないで処方するなら無知 ということです。

スーグラ を処方されたら危険です。 ご注意を。 高知県ではやっと処方1位から3位になりましたが、本来処方してはいけない薬だと思っています(私見) 3位というだけでも高知県は恥ずべき県であると言えます。


ページ上部へ