TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

ブログ

一宮きずなクリニック福田大和院長が、医療に関すること、健康に関することを日々綴っていきます。


 

チーム医療、多職種での医療、などこれを否定する気はありません。 ただ、こう行った事例があり、今後どうするか、を、時に患者さんを交えたり、通常は医療関係者だけでカンファレンス(ミーティング)をすることを指すことが多い。 私は、「ほうれんそう」、つまり、報告→連絡→相談 は間違いだと断言している。 起こってしまった事象に対して、相談をされても時すでに遅し、というわけである。 医療は現場では、医師と患者 …【続きを読む】


 

私自身、消化器内科学会、内視鏡学会と高血圧学会に「入る時期」が遅かったので、内視鏡専門医がとりたくてもとれない、という状況でした。 ただ、開業医、町医者をしていると、学会活動をしている医師が少なく、開業医のもと勤務医をしていたりしていないと、とても専門医の維持はできない状況です。 私自身は、内科認定医(これは誰でももっています)、循環器専門医(循環器クリニックでも、学会にいけないような状況であり、 …【続きを読む】


 

一般の方や、医師以外の看護師含む医療関係者も知らないことだと思いますが、「当直」というのは、外来業務は入っていないのです。 あくまで労働基準に沿うと、院内の入院中の患者さんの対応で、「睡眠が十分にとれること」が担保されるべき、とされています。 実態はどうでしょう? 香川で勤務していた私の場合は、まず、8:30に病院にいき、週に2回外来を午前中しますが、午後までかかってしまうことがあり、入院患者さん …【続きを読む】


 

健診が大事です、と県は言うも、相変わらず、「飲酒量がぶっちぎりで多い」とかは言わない。 私は、2018年は酒の席でも、ほぼウーロン茶で済ましてました。 「酒は土佐の文化じゃき」 は、間違ったプロパガンダのように思います。 県は「今までがおかしかった。 高知は、飲酒量を最も少ない県に!」 と、言えばいい。 150kmの速球を投げる目標で、練習して、140kmが出る。 より高い目標を、県が主体になって …【続きを読む】


 

60分の講演は何度もありますが、90分となると喋る方はいいのですが、聞く方は拷問にちかい、と思い、聴講される方(なんと102人!)のために工夫を随所にこらしました。 私の講演は、まず第一に、眠くならないように、を考えています。 折角日曜日の貴重な時間を潰してきてくださった方に聞いてもらえるようなものをつくらないといけないと思っています。 今回の内容は心臓リハビリの良さを伝えるとともに、本当の意味で …【続きを読む】

1 2 3 4 5 6 26

ページ上部へ