TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

ITはInformation Technology(情報技術)の略語であり、AIはartificial intelligence(人工知能)の略語です。 ITはインターネットなどを使い、パソコンでその情報を解析することで、AIはITを基盤にして、解析した情報を用いて予測をすること、と非常に簡単ですが言えると思います。

さて、ITは高知新聞にも掲載されましたが、特別養護老人ホーム「あざみの里」が四国で初めて全室のベッドをITのあるベッドにしています。これによって利用者の方が、ベッドから立ち上がろうとしていることが部屋を巡回しなくてもパソコンで分かるため、転倒防止に繋がり、介護する側にも負担が減るようになっています。

AIはまだ人工知能とは完全には呼べないため、AI技術、と言った方が正しいと思いますが、AIという言葉が一般化しています。AIは人間が教え込むことによって認識力を高めていき、特に画像診断の領域では実用化がされつつあります(さらに言えば認知症の分野でも研究が進んでいます) 例えばCT検査、内視鏡検査、そして心臓エコー図検査などです。蓄積されたデータから悪性所見、心機能などを予測し、その情報をリアルタイムで画面に表示ができ、人間が診断する補助となります。補助、ということを身近なものだと、車の自動運転などに応用されていますが、完全なものではないですよね。

日々聴診技術など身体所見の研鑽、論文を書いたり読んだりしながら、今後に繋がる臨床研究も重要と思います。 しかし一医療者の私としては、それだけに拘らず、積極的に活用することが求められる時代になってきたと思う次第です。

懸念材料としては、「インターネットを利用することから、個人情報の漏洩」があります。 これがきちんと整備されていないIT医療の産業には飛びつかないようにすることが「大前提」です。


医師のなかに、大学院を卒業し、その時の研究が認められたものを医学博士、と呼ぶ決まりになっている。 ちなみに、大学院は卒業できず、論文だけで医学博士になることもできるが、最終学歴は大学院ではなく、そういう場合を、論文博士、ともいう。 ちなみに卒業論文には甲と乙があり、大学に残った人は甲がとりやすく、外病院で働きながらの人は乙になりやすい。 ちなみに私は、四国子供と大人の医療センター前に徳島大学病院で働いていた頃にスキマ時間で大学院の講義にできるだけ出席し、出向したあとに2回授業にでればいいだけとしていたので大学院を卒業でき、さらに大学と共同研究をしていたため、甲の論文がのこせた。
ひどい大学、医局では、出向先の病院から帰って来たら、いつのまにか大学院卒業と医学論文が自分の名前で出されており、医学博士になる、という大学や医局もある。 全ては教授次第なのだ。 そういった不正を嫌う教授のもと研鑽・研究でき、担当の指導者にも恵まれ、さらには出向先の上司、同僚にも恵まれたのは本当に運が良かったと思う。 10年前は医学博士よりも専門医の時代だ、と、医師間でも言われていたが、最近はその専門医が非常に怪しい。 私が持っている心臓リハビリテーション指導士は、医師用につくられた問題ではなく、医師であれば知っていなくてはいけないため、看護師や理学療法士にとっては難しいかもしれないが(それでも簡単だろう)、医師は勉強しなくても100%合格する。過去1人落ちたそうだが、試験放棄でもしたのではないだろうか? 勉強しなくても合格する資格にみなさんはどう思うだろうか? 私は「信用のため」持っているが、高知県で唯一の学会評議員であることから、もう維持する意味はない、と思っている。 講演する時などに、略歴を座長がしてくれるのだが、超音波指導士や循環器専門医、海外留学経験などは良いが、心臓リハビリテーション指導士は、言われるとこっぱずかしい。 「そんな医者ならだれでもとれる資格を紹介する略歴にいれるか?」と言われてそうだから、最近は省くようにしているくらいである。
さて、私は一回りまわって、「誰の元で、医学博士になったか」の方が、「心臓リハビリテーション指導士」よりも重要だと思っている。 あとは、医者を大きな病院でしていて、湯船につかっていたかどうか(本当に忙しければドアをあけて、携帯が聴こえるようにして、シャワーを一瞬ですますはずである)、同僚からきちんとした治療をしていたかどうかの評価をもらえるかどうか、の方が大事だと思っている。 ここで格言。 大学に残る医師は教授だけ、 である。 教授以外はどこかの病院の勤務医になるか開業するのである。 ここでも格言。 楽な病院での勤務は、医師としての誇れる経験・キャリアにならない、 である。


今現在、本の執筆業がひと段落したので、論文を書いている。 その際に過去の論文をみて参考にしたり、引用したりするのだが、自分の結果と違っていたり、以前とは結果が全く違う論文が存在する。

そう、例えば、「心臓リハビリテーション」の論文は「生命予後を良くする」という論文が多い2000年頃報告の論文のデータは当然1990年代のものを使用しており、なおかつ解析も怪しい。 最近は「生命予後を良くする」という論文と、「生命予後はよくしなかったが、生活の質は明らかによくした」という論文が2:1くらいだろうか。
もちろん、有名雑誌以外では、心リハは最高! としか書かれてないだろうし、人の講演を聞くだけの人はそうとしか思わないだろう。

そんななか、予後はよくしそうだ、生活の質はもちろんよくする、という論文を2018年発表の分で見つけた。 論文は図が命、という先生もいるなか、今までの論文では、「明らかに治療が違うから、退院後の早期から違いがでている」というような図であり、心臓リハビリをしているから、ではなく、リハビリに来た人濃い治療(利尿剤などの微調節)をしているだけであり、最近のいい論文では、長期間でやっと差が出る、というリーズナブル(腑に落ちる)結果であり、「純粋な心リハ」が長生きにいい、と言うには、自分のデータか、有名雑誌ならこの論文しか使えないのではないかと思った次第である。 心リハも変わってきているわけで、1990年代の心リハを受けていた人と、解析の怪しさがある論文と、15〜20年近くたった論文では考察、といって、なんで良かったか、など考え方も違う(ただ、どの程度、どういったことを個別にしたか、について触れた論文は現時点では「ない」)ので、自分で論文を書かないと「怪しいな」と気づかないだろう。
今更、2000年代の論文を引用して、「心リハはいいんですよ」とは私にはとても言えない。


大腸癌検診といえば、容器をもってきてもらい大便に血がついているかどうか、をみる検査です。 実は1回だけか2回ともかで血がついている(陽性)場合で確率は違うのですが、およそ55-70%の方に大腸癌の存在が示唆されています。 大腸癌検診は40歳以上でうけ、50歳以上で大腸癌の方は非常に増える、といわれています。
ちなみに、2018年も、2019年の今現在も高知県の大腸癌検診を受ける方は10%に満たないのです(全国平均と同じです) なので、70%という高い数字になるわけです。 しかも検査が陽性、とでているのに、大腸カメラや大腸CTをうける方は50%とされています。 例えば50%ではなく、全員に検査をすると4%に癌がみつかる、とされています。

前にも書きましたが「2回のうち1回だけが陽性だから、痔かもしれないから、陰性になるまで検査しましょうか」という、医者がいます。 腹立たしく思います。 そうやって言ってしまうと、患者さんは「あっ、大したことないんだ」と思うでしょう。 便の検査はもちろん悪いものがあっても陰性になることもあります。

もし、検査をしても、大腸癌がみつかる可能性は少ないかもしれませんが、ポリープがあれば全部とってもらえばいいのです。 癌の芽をつんでおけばいいのです。

「勧められたけど、何もなかった! お金を損した!」という患者さんもおられるかもしれません。 しかし、陽性の患者さんに大腸カメラをうけた患者さんには4人に1人は癌ではなくても腺腫(ポリープ)がみつかるとされています。 それをとることも大変重要です。 しかも、4%で癌がみつかる確率を多いと見るか少ないとみるか、私は高いと思いますし、1/4で癌の芽をつむこともできることを考えたら、「無駄なことを勧められた」とは自分は思いません。 むしろ、「うけなくていいよ」と言われる方が恐怖です。
もちろん、検査をうけるかどうかは患者さん次第です。 時間、苦痛(大腸CTではほぼありません)、お金、自分で考える確率、などを考えて、後悔しない決定してもらいたいと思います。

治療うや検査をするかどうかを決めるのは患者さん自身です。 ただ、そのためには我々医師が、胃カメラをしましょう、大腸CTかカメラをしましょう、という提案をしないといけないということです。


暑い日もあり、人それぞれ感じ方は違いますが、ここ2−3週間で血圧が高くなる方もおられます。

そういった方は、夏用の薬から 秋〜冬用の薬に変えて処方するようにしています。

夏服と冬服の違い、のようなものです。

夏は暑く、熱を逃がすため血管が拡張するのですが、冬は熱を溜め込むために血管が収縮するため血圧は高くなる傾向があります。

病院で血圧を測定すると、時間帯、緊張の度合い、などから高く出たり、低くでることがあります。 どうしても自宅で測れない方は仕方ありませんが、当院では、自宅早朝の血圧測定を勧めています。

一度も自宅血圧を勧められず処方されるなら、そこでの血圧の薬は「適当」に処方されている可能性もあります。


ページ上部へ