TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

糖尿病について

成人病の代表であり糖尿病について、一宮きずなクリニック福田大和院長が日々感じたことや、お知らせしたいことを綴っています


 

結論としては、「現状よくない可能性が高い」です。 諸説ありますが、最新の報告では味覚を感じるのは口の中だけでなく、腸にもあり、「甘いものがあるのでインスリンをださないと」という体の反応があり、糖尿病になりやすい可能性が示唆されています。 ただ、カロリーは低く、血糖値も実際には上がらないので、飲みすぎないようにする、のが良いでしょう。


 

糖尿病にもいろんな病型がありますが、大きく分けると、遺伝性ではない主に小児期に必ずインスリン治療が必要な1型糖尿病(自己免疫疾患なので、生活習慣が悪いなどではありません)、と、遺伝性をもち主に生活習慣が悪くて発症する2型糖尿病(ひどくなればインスリンが必要な場合もある)に大別されます。 日本人だと、この2型糖尿病の8%にSPIDDMが含まれるとされています。 SPIDDMは1型糖尿の亜型であり、生 …【続きを読む】


 

高血圧もですが、糖尿病もそうです。インスリンを当院では外来で導入できるようにしています。インスリンを使えないなら糖尿病の治療経験がない、と言っているようなものです。 低血糖にならず、治療のモチベーションを高め、食後血糖に気を使う治療を常に考える必要があります。 63日処方がされており、飴をなめると頭痛がなおる、という明らかに低血糖の方が当院に来られました。 HbA1cは5.8%でした。 10年前な …【続きを読む】


 

HbA1cにこだわりがち、であり、医師側の私どもも、その値で一喜一憂してしまうこともありますし、大事な項目であることは間違いありません。 ただ、低血糖は高血糖よりも「死」の恐れが多く、低血糖を起こさない様な処方をすることが大事です。 ちなみに例外もありますが、低血糖の症状は一人1つです。 吐き気、冷や汗、嘔吐、ふらつき、目の前がしろくなる、などですが、どれか一つであることが多い。 例えば、HbA1 …【続きを読む】


 

私自身は絶対に使いません。 低血糖を助長し、HbA1cは下げるだけの、様々なリスクをもった薬です。 使わなくても内服薬だけ、というインスリンを使わない縛り、でもHbA1cは下げることは可能です。 まず栄養指導をされたかどうかです。 そこから考えてください。 そして、DPP-IV阻害薬というものがありますが、これには6種類7品目ありますが、クラスが3つ分かれていますので、効果が人によって違うのです。 …【続きを読む】

1 2 3 4 5 6 9

ページ上部へ