TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

今年は医師を30年している人でも特別な年だったのではないでしょうか? もちろん私にとってもです。
年末年始も私もどこにもいきませんし、風邪をひかないように注意し、stay homeで論文をかきます。
皆様もご自愛ください。

本日が2020年最終の診療日となります。 通常受診の方も多くおられ、午後の昼休みの時間が終わってしまいましたので、
本日午後は感染症に対する診察が困難な状況です。 電話していただくとしても、時間的、また、空間的な配慮ができない可能性があり、通常診療が1時間あいてしまい、そのため診療がでませんということになるため、発熱や感冒の方は診療が物理的に出来ない、ということになります(午前中は昼にきてもらい、我々もコロナウイルスがほぼ可能性としては0に近い方に対しても、防護服でしていましたが) ご容赦のほどお願い申しあげます。 1/4から診療は開始しますが、その週に関しても同様のことがあり得るかもしれません。 午前中に電話いただき、昼休みに「車」できていだいた方などだけ、になる可能性もあります。 とりあえずは電話をしてください。 いきなり来る、ことだけは、他の患者さまやスタッフへの感染リスクをさけるため、絶対にやめてください。


日本から中国の北京に出向し、働いている方から情報をえました。 なんと、北京に関してはコロナウイルスを抑え込めている、ということです。 誰もがマスク着用だけでなく、体温計を持ち歩くそうです。 1人感染者がでたらものすごく大事件になるそうで、でた場所を消毒しまくるそうです。 日本より北京に限って言えば、コロナウイルスの心配はあまりない、というくらいだそうです。
やり方がどうとかではなく、一般的に言われている、まずは第1波の時にように完全stay home。 意味のない外出をしない。

これ以外に今方法はないでしょう。 県庁からでて、パフォーマンスしている場合じゃないのです。 そういうのは行動した、とは言わないし、県民全員が白けているのでは? と心配です。 手厚い補助金をだすので休業要請と、自粛、自宅待機、税金は上がるけど、と、言いにくいことも言わないといけないし、できるだけのことも最大限しないと、やりきれません。


東京などの先輩、後輩、同級生などと話しながら、その時の最新・最適な対処をしていました。 今もそうです。
今は、具体的には、「感冒症状があれば熱がなくても、まずは電話をしていただく。熱があれば、コロナ相談センターに電話してもらう(これで引っかかり、クリニックではなく、保健所で対処します、という方もごく少数ですがいる事実があります)。 感冒症状の方は正面から受付にいかないように、電話してもらって別の入り口から入ってもらい動線を考え、風邪を見る部屋で診ています。 ガイドラインどおり、消毒して1時間はその部屋を使わないようにしています。 通常診療の方も希望があれば、車で待機してもらい、順番がきたら診察をしています。
患者様には非常に煩雑だとは思いますが、今の感冒症状については当たり前となっている診察方法です。
ご自身が通常診療で待合にいたとしたら、感冒症状がある方が待合にいることが不安なはずです。
いつもきていただいている方にもご説明して、予約を取ったときに「ついでに風邪も診て」がないように、説明しています。
ご面倒をおかけしますが、こういった感染対策をしていない医療機関がおかしい、と思っていただけると幸いです。
何卒ご理解、ご協力のほどお願いいたします。


少し古い話になりますが、高知県が直近の1週間で新型コロナウイルス い感染者数が大都市についで6位に13日なったと発表されました。 私自身は6位までなるとは思いませんでしたが、何の対策もしてないのである程度感染者の人数は増えるだろうな、と思っていましたが、まさかここまでとは。

やはり言い続けているように、県の対策はお粗末です。 早くリーダーシップをとれる方が、舵取りをしないと大変なことになるのは明らかです。

それはコロナウイルス 以外でも同じような緊急の事態に対しても、「遅れた対策」というか、「何もしない」ということが予測されるからです。 今の責任は誰がとるのか? 公務員はしんどいこともあるのでしょうが、責任の所在が不明瞭なのはいいですね。 医療とは全く別方向です。 しかし一人の責任は明確ですね。


高知市内や県内でベッドの数が決まっていますが、診療所で19床の有床診療所が減って来ています。 一宮きずなクリニックは無床診療所です。 入院治療がいい、という方には福田心臓消化器内科と連絡をとって紹介状代などはなしでこちらの診療情報が分かるようにして入院をしてもらっています。 心不全の方や、1泊入院以上しないと処方が無理な薬(ものすごく心不全のかたに効果があります)、食欲不信のかた、不整脈の薬を合わせる方、など入院で治療することは非常に重要ですが、上記で大病院への入院はできません。

貴重な存在となっている町の有床診療所です。 そこで働いている医師は無床診療所の医師(今は私がそうです)よりも忙しいのです。


ページ上部へ