TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

その他の疾患

その他の疾患について一宮きずなクリニック福田大和院長が日々感じたことや、お知らせしたいことを綴っています


 

「風邪症状で来院された場合が一番難しい」ということを教えられて来ました。 もちろんその場で隠れている病気を見つけ出すことは難しく、経過を見ることも必要です。 つまり、風邪(感冒)と「決めつけ」ることがまずは前段階として間違っているのです。 さらに、抗生物質(抗菌薬)をださないことが前提、という誘導的な考え方にさせる、治療のフローチャートが「謎」です。 その中に、肺の音を聴く、という内容がないのです …【続きを読む】


 

Up to dateという病気に対する診断、治療法が更新されてネット環境ならみえる、という英語ではありますが、便利なものがあって、以前は使用していました。 開業して一瞬で英語を訳すのが面倒だからです。 留学から帰ってきて6年になり、帰国後も出来るだけ英語漬け、にしようと思っていた毎日ですが、読み物はどうしても日本語中心となりさみしい限りですが、そのUp to dateでも、機序はよく分かってないそ …【続きを読む】


 

15年前から私は咽頭所見を重要視してました。 論文にしようと思ったら2011年に北海道の開業医の医師がしていたので、できず。 その後、大病院でも追試の検証が行われた論文もでています。 医師はインフルエンザの診断をどう考えてしているのか? 医師によって違うと思いますが、インフルエンザのキットだけで診断する医師は内科ではありません、断言してもいいです。 通常は迅速キットにくわえ、症状や周囲の環境を考え …【続きを読む】


 

自律神経には交感神経と副交感神経があります。 簡単に言うと、喧嘩する神経が交感神経、飯食って寝る神経が副交感神経となります。 喧嘩するときに血圧が高く、脈拍が早く、さらに瞳孔が開いて相手を良く見えないと喧嘩に負けますよね? 自律神経が悪い時は、小児では「未熟」、成人では「障害」、高齢の方は「退化」している、と私は説明しています。 ストレスや疲れなどで、障害をうけることになります。 そうすると、本来 …【続きを読む】


 

気管支炎、気管支肺炎、また肺炎時には、最初(無理なら、早期)の段階で、痰の検査をしておくべきです。 理由は2つ+アルファ、です。 ⒈ 原因菌が何か? 抗生剤の耐性化をみる必要がある(1週間かかるため、早く検査をしておかないといけません) ⒉ 肺結核を否定するため: 高知では少ないかもしれませんが、人が密集する都会では必須です。 レントゲンでは早期の肺結核はどんな形で見えるかがわからないためです ア …【続きを読む】

1 2 3 4 5 6 20

ページ上部へ