TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

心臓・血管の疾患

心臓・血管の疾患について一宮きずなクリニック福田大和院長が日々感じたことや、お知らせしたいことを綴っています


 

香川の現:四国とこどものおとなの医療センターでは、私は心不全で入院された方にhANP(ハンプ)という薬を点滴をしていました。 心臓の機能を悪くしないようにして、腎臓の機能も維持できる薬だからです。 その他、ミルリーラという薬も循環器内科医では6人いる中、一人心臓外科位以外では使用していました。 どちらも心臓に優しい薬です。 このたびエンレストという薬がでました。 これはBNP(海外ではANPではな …【続きを読む】


 

患者さんから「私の心臓のポンプが悪いんでしょうか?」という質問を受けることがあります。 心臓はポンプというより、拡張する臓器です。 血液という矢を、心臓という弓で大きく後ろに引いて、パッと話すと遠くまで血液が飛んでいくというイメージを循環器内科医は持っていますし、そうでなくてはいけません。 ポンプとしての役割は保たれることが多く、弓を後ろに引けないことから心臓病は始まるからです。 なのでポンプとし …【続きを読む】


 

少し不謹慎、と思われる方も多いと思います。 エコーセミナーの会社、クリニカルサポートの方から聞いた内容で、不謹慎だ、と思われる方もおられる、という話でした。 私は非常にわかりやすかったので、ここに書きたいと思います。 心臓は車でいうと、「エンジン」に相当する臓器です。 車の車検で「エンジンは点検しない」という方はまずいないですよね。 もちろん、心臓とエンジンは全く一緒ではなく、あくまでたとえなので …【続きを読む】


 

例年夏、6月の中旬頃からは血圧が下がってくる方が多いのですが、コロナで自粛していたためか、暑さに不快を感じた体の反応やその他急に暑くなったことなども関係し、例年より血圧が下がる時期が遅い人が多い、と感じています。 体が自粛で自宅内にいることが多かったこともかなり関係していると思います。 ただ、もちろん血圧が下がる人もおられます。 血圧は自宅で測ったものが、医療機関で測定したものより優先されます。 …【続きを読む】


 

ジェネリック薬品の会社は、今現在、貼る薬を作るのを苦手としています。 昨年秋に、生活保護者の方はジェネリック!ということが薬局で行われましたが、今までフランドルテープ の正規品を貼っていた10人中5人弱の人が、透明であるはずのフランドルテープ が湿布のような長方形の白いものに変わっており、胸の痛み、違和感がではじめた、ということがあり、当院では私から処方箋に、フラドルテープは先発品(ジェネリックで …【続きを読む】

1 2 3 4 5 6 25

ページ上部へ