TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

当院は心臓内科(循環器内科)を主な標榜にしていますが、実際に大病院への紹介は、循環器疾患:癌:その他=5:4:1 と悪性腫瘍で紹介することが約半数の患者さんです。

心臓内科、はおそらく23年前に父親である、福田善晴が「福田心臓・消化器内科」として、日本で初めて(?)心臓内科を標榜したのですが、高知市の方から途中で「心臓内科」は前例がないから駄目、ということを言われました。 現在は、元に戻しているのですが、その理由は、国立循環器病センターが「心臓内科」を標榜したから、高知市でも問題ない、という判断をしたのかも知れません。 行政は本当に事なかれ主義だな、と思った次第です。 当時の責任者はとっくに違う部署に行って、責任はとりませんし、「当時は申し訳ありません」ということも言われません。 よって、私は「循環器内科」ではなく、行政に対する「心臓内科」を敵討ち(?)ではありませんが、最初から標榜するつもりでした。

当院では、乳がん、子宮がんの検査はできません(大腸カメラはついに他院でしたくない、という人のために1例しましたが、基本、便潜血検査や採血検査でひっかかった人に、福田心臓・消化器内科で、高知県では初めて導入した大腸CT(当時はそこでしかうけれない検査でした。現在はどこがしているか不明ですが)や大腸カメラをすることができます。 肺がん、腹腔内のエコーでわかる癌、食道・胃がん、(男性なら)前立腺癌の検査ができます。 早期発見が必要な癌には、乳がんと子宮がん以外は対応する体制をとっています。 肺がんに関しても紹介状代や診察代なしで、福田心臓・消化器内科でCT検査をすることで、癌の芽を経過観察することができます。

常々思っていたことですが、循環器疾患だけをみるなら、大病院でみて、普段の診療のかかりつけ医は、他科のクリニックがいい、と思っていたので、逆算して、循環器疾患は当然専門として、元々は消化器内科医でしたので、糖尿病内科や、悪性腫瘍にかんしては、消化器癌、(急性白血病のぞく)血液内科の癌の治療経験、膠原病に対する治療を大病院で、人の倍経験することで、研鑽が必要と思っていました。 それを形にしたのが現在のクリニックです。 循環器疾患に関してはもちろん、紹介をうけるときに循環器のクリニックがいいのは当然なのですが、そこで、大病院と同じ検査をするのであれば、「患者さんをトータルでみえない」と思っていました。


この薬の治験には私も香川の病院に勤務していた頃参加していました。

現時点で発売10年にもなろうかという薬ですが、「心不全」に適応があるのは日本だけです。

他国では、低Na血症ということが前提でしか使えず、海外の3つの大きなstudy(研究)によって、心不全の長期予後はよくはしなかった、ということになっています。 そもそも、開発した日本としても、長期予後をよくするために作ったのではない、という医師もいるでしょう。 さらに私の意見ですが、予後を悪くせず、症状もとり、腎機能もよくした、となっているのはこの薬だけでしょう。 他の利尿剤にはない独特な性質をもつ薬であり、ある、と、ない、では大きく治療が異なってくると思います。

効果があったかどうかで、値段(まぁ避けては通れないところですが)が高いだけ、という論文すらありますが、その人は心不全の治療にサムスカ の提案ができない、その医師にかかる患者さんが可哀想だとも思えます。 選択肢は多い方がいい。


福沢諭吉は、「世の中で、1番みじめな事は、教養のないことである」と論じています。

また、「つもりちがい十ヶ条」でも、「高いつもりで 低いのが 教養」 ともされています。

患者さんは、それぞれ自分の得意分野の知識をもっており、私の場合は仕事上「医学の知識」となります。

私の医学の知識・教養が低ければ、患者さんに、最適な治療方針を伝えることができません。

よって、当院にかかってくださっている患者様には、「医学の教養」を深めてもらうためにできるだけ分かりやすく説明させていただきたいと思っています。

説明のない医療行為は犯罪に等しい、と思っています。


診断がつけば、もしくはつかなくても、検査・治療内容は、全国どこでも同じでないと駄目だと思っています。 もちろん患者さんとの相談の結果ですが、その時の最適な治療内容を提案する、そして検討してもらうことが大事だと考えます。 決定権は患者さんにありますが、提案が少なければ、決定することが出来ません。
独自の診断方法もときには重要かもしれませんが、適切かつその方に最も適した治療方針の提案をすることを心がけています。

そのためには、情報収集も大事ですし、自己研鑽も町医者にとっては最も重要だと思っています。 大きな病院に勤めていると、「デキる」医師の真似をすればいいだけだからです。


糖尿病とは、細胞内にインスリンの効果が落ちているか、末期では量が足りないため、糖が入りにくく、結果として血管内(細胞外)に糖が多く出てしまう病気です(その血液から尿がでるので、尿に糖が混じるのです)

インスリンを無理やり「自分の」膵臓から「一日中」出すことを強要する、この薬は、肝臓がしている、空腹時にコレステロールを分解してエネルギーにする行為をやめさせてしまいます。

インスリンを外から、「助けるように」打ってあげるのとでは大きな違いがあります。


1 2 3 4 5 6 106

ページ上部へ