TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

高知県ではじめての感染者が医療従事者だった、という事実があります。 しかしその方が決して悪いわけではありません。 「私は家で自粛していた」という方もおられるかもしれませんが、移動の手段で高知県は車以外なら、バス、電車、飛行機などをかなりの頻度で使わないといけません。 初めてのケースがレストランであったり、ホテルだったりした可能性もあるわけです。 長くても1年後には普通の病気(コモン・ディジィーズ)になっている可能性のあるこの病気ですが、私は高知龍馬マラソンを開催した時から、「県は分かってないな」と思っていました。 龍馬マラソン後、ひろめ市場で返杯している人は同じこと以上の行為をしている、と思います。 なので初めて発症したから、といってその行動を叩くのは極めて下劣です。

さて県や市がつくる、安心ネットワーク、のチラシを見た方もおられると思います。 簡単にいうと、メリットは、救急時に今までどんな治療を受けて来たか、薬手帳がなくてももらっている薬がわかる、それが災害時でも、ということです。 これだけ聞くと、すべていいように聞こえますが、1ヶ月前の診療所の加入率は8%にすぎませんでしたし、その中でも患者さんが加入しているのは本当に各施設10人程度で3桁はない、という事実です。

デメリットが大きすぎるような気が私にはします。 大きな病院以外でも違う診療所でも、薬局でも、個人情報が筒抜け、になる、ということです。 人に隠したい手術があったり、クリニックの医師を信用して話してくださる内容が、医師以外の医療関係者に筒抜けになる可能性があります。 100%個人情報を守れるシステムってあるのでしょうか? 例えば遺伝性が極めて高い疾患で本人は発症していないがその周囲多くが発病している場合(結婚に関して、自分から伝えたい事実を既に相手に知られてしまっている、などを想像してしまいます。あとは同じようなケースで父親が反社会的勢力である、などが自分とはもう関係ないけども、調べられてしまう、ということです(実際に私の友人のケースで、色盲、を隠していた場合もあります。最初からみんなが知っていたら、少し偏見の目で彼はみられていたかもしれません、そしてその家族も)そして誰が調べたかがほぼ分からないシステムです)、子宮外妊娠手術、子宮内膜症の程度、性病、結核(昔は隠しておきたかった病気です)、今なら新型コロナウイルス感染症などでしょうか? 信頼したクリニックで話した内容、また病院で手術した内容が、全く無関係のクリニックでも把握できてしまう、というシステムのように思います。 いくら守秘義務があるとはいえ、どこから漏れたかわからない、では今回のコロナウイルスのように封じ込めができません(1つの病院だけ、なら、そこからだ、と分かりますよね) 管理社会の悪い面が目立つように思います。 私が思っているようなシステムなら、私は入りません。 ただ、全くそういうのは気にならずに、何かあったときにどこでもかかれる、というのは魅力にうつる人もいるでしょう。 しかしまだ、以前から説明会に参加を数回していますし、導入している施設からも話を聞きますが、あまり詳細がわかりません、不思議です。 わからないものを導入するわけにも行きません。 3月初旬は私が忙しいので、説明に来てくださるという市の職員の方は3月中旬とさせてもらいました。 うがった見方をすれば、市や県は不安を煽って、加入させて、データベースを作りたい(まず作るでしょう、これは間違いないでしょう)思惑もあるでしょう。

加入しないといけない雰囲気を、醸し出しているのはどうかと思う次第です。 もちろん、患者さんの了承が必要ですが、いいことばかりでないことを知っておいて欲しいと現段階では思っています。

(※また加入にはそうとうな資料と書類が必要のようで、かなり時間がかかります。 内容の詳細はまた追ってここに書きますが、個人情報を守る、という文言がはいっていても、100%ではない、と思った方がいいでしょう。 違う書き方で、他のクリニック、病院、薬局でもあなたの病状が把握できます、という書き方にされて、個人情報は守秘義務で守られます、的なものになるのではないでしょうか。 万が一、システムの不備があって個人情報が漏れた場合、加入した貴方にサインをもらっていますので、ご了承ください、となる可能性があるので、導入していても加入している人が少ないので、強硬手段にでているような気がします)

少し、ネガティブなことが中心になりましたが、用心にこしたことはない、と思っているのです。 果たして、今の段階で、説明会などで聞いた内容では、本当にはっきりしないので。


ページ上部へ