TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

合併することもある両者です。 どちらも吸入薬が非常にいいとされています。 もちろん去痰薬や気管支拡張薬も推奨されています。 特別な緑内障や前立腺肥大が強い人にはだせない吸入薬もあります。

吸入薬は主に3つです。 LAMA(ラマ)と呼ばれる、抗コリン薬です。 気管支拡張作用があり、痰の分泌も抑えてくれます。 LABA(ラバ)と呼ばれるβ2刺激剤は気管支拡張作用に優れますが、痰の分泌にはあまり関与しません。 ICS(アイシーエス)はステロイドの吸入で、気管支の炎症を直し、気管支を綺麗にして痰の分泌も抑えます。

当院では吸入の仕方がわからない場合ドクターから説明をいたします。

吸入をすることで、肺の過膨張を防ぎ、心臓の機能も改善することが証明されています。 心臓病による死亡率もさげることも報告されています。 肺気腫、喘息、どちらとも吸い込むことはできても、吐くことが困難で、残機量(肺に残る空気)が多くなり、より症状が悪くなり、運動もしないようになり、悪循環になることが言われています。

また、肺気腫には骨粗鬆症が合併しやすいことは従来から言われています。 骨密度を当院でも測れ、適切な投薬もできますので、全身をトータルでみえるようにしています。


ページ上部へ