TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

ACE inhibitors as a potential risk factor for fatal Covid-19

という題名です。 どういうことかというと、○○プリルとか、○○サルタン という、ACE阻害剤やARBという最新の降圧薬を飲んでいると、ACE2という体の細胞の表面にあるタンパク質(レセプターと呼ばれるタンパク質です)が増えることは以前から言われており、新型コロナウイルス がそのタンパク質に感染することが判明しました。 高齢者が重症化しやすい(免疫力が弱いような疾患を持つ人はあまりクローズアップされなかった)のは、高齢者は高血圧で上記の2種類の薬を飲んでいる可能性が高いので重症化しやすいのでは?と言及しています。

高齢者というより、高血圧でこの薬を飲んでいる方はより注意した方がいいでしょうし、単に血圧を下げるために飲んでいるなら今の時期は変更を考えてもいいかもしれません。 ただ、心疾患で飲まないと心臓病が悪化する可能性のある方についてはデメリットが多いように思いますので、主治医と相談してはどうでしょうか?

 

3/16 追記です。 上記で混乱される方がおられるかもしれないと思い 追記させていただきます。 たった一枚の論文であり、机上の空論の可能性もあり(理屈はあっていますが)、必ず降圧薬を変えたほうがいい、というニュアンスの英文論文ではありません。 血圧が安定している患者様にとっては内服薬は変更しない方がいい場合の方がいいとも思いますが、要注意の論文の紹介、として受け取ってもらえばいいと思います。 内服しておられる患者さま、また処方しておられる医療機関さまにとっては不安を煽る投稿であったことをお詫び申し上げます。


ページ上部へ