TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

技術はもちろんですが、慈愛の精神、(ある程度の)自己犠牲の精神、また普段の生活においても医師であることの自覚は必要だと医師を約20年してきて思っています。
慈愛の精神とは、「思いやり」のことです。 これがない医師は、職業を誤った、というほかありません。

自己犠牲の精神がないと、患者さんの立場にたてないでしょう、これも医師以外の向いている職業があるはずです。 医師になるためには、テストで点をとる能力はあるはずなので。

最後のふだんの生活において、ですが、困っている人をみたらほっておけない、という気持ちが大事だと思っています。

上記3つともない人は、医師も多いのでいないわけではありません。 「あれっ、この医者おかしいな」と思ったらその医師の診察はうけない方がいいでしょう。決していい結果にはなりません。

そういった医者は今すぐ「医療」から手を引き、違う職業につくことをおすすめしたいと思っています。 私も自戒の念を込めて。


ページ上部へ