TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

とある有名なジェネリック薬品会社のコレステロールを下げる薬は全く効果がありません。 循環器医療をしていると常識的なことです。 もしもかかりつけ薬局でだされたジェネリック薬品があり、心配なら一度、きちんとした、少し値は張りますが「先発品」を内服することをお勧めします。 ジェネリック薬品は本当にピンからキリまであって、処方するものとしては怖いところもあります。 かかりつけ薬局は「安い」ものを仕入れて、「同じ値段」で売るわけですので、患者さんの全身の責任を負っていません。 「同じ成分ですから」と言われることでしょう。 半分あたりで、半分は言いくるめがはいっているかもしれません。 私は「成分は全く同じというわけではなく、添加物の違いなどがあります」と言います。 ただし、薬手帳をみせていただければ「このジェネリック薬品ならいいですね」というアドバイスが一部の薬品なら言えます。
お薬を飲んでいるのに血圧が下がらない、コレステロールが下がらない、よく寝れない、これらの薬は別段高くないので、一度「先発品で」と薬局に1ヶ月分だけでも、1種類だけでもいってみたらどうでしょうか? どの薬局も、ジェネリックは1つの種類しかおいていません。 悪いジェネリックばかりおいている薬局があり、そこには行かないほうが良いと思うのですが、医師は薬局を誘導してはいけないので、困っています。

自分の身は自分で守らないといけません。 医療費は高知県は全国でワースト1位です。 私の解釈は、悪くなってから病院を受診するから、だと思っています。 高血圧、糖尿病もそうですし、癌もそうです。 健康に気を使い、医師に相談することが大事だと思います。 病気に対していごっそう、や、はちきん、ではいけません。 高価なサプリメントは意味がありません、あれば医薬品に昇格しています。 たとえば、グルコサミンは意味がないことが証明されたので、今は通販でもグルコサミン単体では売っていないはずです、何かの成分をつけているはずです。
当院では、何事も早期で治療介入(栄養指導のみを含む)することで、未病の状態でいること、や10年後のことまで考えて治療していきたいと思っています。


ページ上部へ