TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

糖尿病について

成人病の代表であり糖尿病について、一宮きずなクリニック福田大和院長が日々感じたことや、お知らせしたいことを綴っています


 

糖尿病とは、細胞内にインスリンの効果が落ちているか、末期では量が足りないため、糖が入りにくく、結果として血管内(細胞外)に糖が多く出てしまう病気です(その血液から尿がでるので、尿に糖が混じるのです) インスリンを無理やり「自分の」膵臓から「一日中」出すことを強要する、この薬は、肝臓がしている、空腹時にコレステロールを分解してエネルギーにする行為をやめさせてしまいます。 インスリンを外から、「助ける …【続きを読む】


 

ビタミンDが糖尿病と何らかの関係があることは考えられていて、過去ビタミンDを摂取することで糖尿病の改善がみられた論文もあります。 ビタミンDが体内に取り込まれたときに、膵臓のβ細胞の機能改善や、組織でのインスリン抵抗性を改善する、という理屈がありました。 ただ、このたびNEJMという有名な医学雑誌の論文では、「効果はなかった」としています。 理由としては、対象となったビタミンDを飲まなかった人のな …【続きを読む】


 

日曜日に、不定期ですが、年に3−4回開催される研究会に朝から夕方までですが、休憩も挟みながらですが長時間あります。 ちなみに、米国では、「エコー・ハワイ」といって、遊びながら、楽しみながら、心臓超音波検査を学ぶ、という学会に準じた会が昔からあり、数年前から、徳島大学主催の、「エコー淡路」というものが日本ではあります。 これも学会に準じたものです。 何事も楽しみながら勉強しないと、身につかない場合も …【続きを読む】


 

言い切った医師はあまり見かけません。 私自身は非常に危ない薬だと思っていて、他院で内服中の方が当院にきたときは離脱を試みます。 SU剤とはアマリール、グリミクロン、ダオニールの3剤だけです。 どの医師も使わない、と言うようですが、実際は使われています。 2019年現在使用はしてはいけないのでは? と思っています。 より安全な薬がでて、インスリンも良くなり、糖尿病治療において治療手段は私が医師になっ …【続きを読む】


 

海外では、ジェネリック薬品を売るときは「これは本来の薬とは違うものです」と言わないといけない国、州もあります。 言わずになにか有害事象があれば、言わなかった人が訴えられます。 AGといって、オーソライズド・ジェネリックという、正規品の薬を作った会社が同じ方法で、ジェネリックを作ったものは、ほぼ同じと言って良いでしょう。 値段も他のジェネリック薬品と同じです。 なぜそればっかりにならないか? 薬局の …【続きを読む】

ページ上部へ