TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

上記の名前から放火事件を思う人が日本中にいると思います。 私自身、上記会社が製作した、「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズのファンで、映画館にも行ったことがあります。 なので、というのはおかしいかもしれませんが、より犯人に強く怒りを覚えます。 もちろん全ての放火が悪い行為だし、卑劣極まりない、と思っています。 その思いがより強くなりました。

ウィキペディアで放火事件後に初めてどんな会社かを見たのですが、創業者の方は手塚治虫さんのアシスタントをしていたそうです。 こういうことも知らずにアニメだけを楽しんでいたんだな、と思うと同時に、全ての人に歴史あり、と思い知らされました。

「ハルヒ」シリーズでは、主人公を含めた3人のメインの女性キャラクターが出てきます。 教科書のようですが、ツンデレ、萌え系、クールビューティーですが、それだけではなく、それぞれのキャラクターに特殊な能力がある、というものです。

私は「自分というものを残したい」と思ったこともきっかけだったのですが、全く新しい心機能の考え方、を「恋する心エコー」で、ツンデレと萌え系の女性2名を登場させて、書いていましたが、途中から、医学出版社の社長(恩人です)から、「女性二人で男性(主人公)を取り合うのは良くないので、一人女性を加えたほうがいい、というアドバイスで途中から突然(笑)クールビューティー(というか小悪魔系)を出すことになりました。

今現在、書いている本でも、女性はラノベのキャラっぽく、属性を持たせています。

京都アニメーションを教科書にして、、、

 


ページ上部へ