TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

インフルエンザウイルスワクチンは感染した時に重症化しない、というワクチンです。 感染を最初にする場所は鼻粘膜や咽頭粘膜です。 この辺りの免疫を司っているのはIgAをいう種類の抗体です。 皮下注射でできる抗体は血管内のIgGという抗体のみです。 理論上はワクチンを打っても罹患する、というのはこの理由です。 ワクチンで感染の予防効果もある、のは嘘(というか間違い)だと思っています。 統計上、ワクチンを打った人と打たない人では重症度が変わってくるので、「あぁ、微熱がでているけど、いつもの風邪かな」という場合がインフルエンザに感染していない、という方にカウントされてしまう可能性があるからです。
新型コロナウイルス のワクチンは治験が全て終了していない状態で、医療従事者や高齢者からどうぞ、ということですが、「打たされる」感覚もあります。 高知も第三波がきており、東京都などの大都市よりもタチが悪い可能性も考えられますので、実験台のつもりで打つしかないでしょうね。

ちなみに、コロナウイルス のワクチンもインフルエンザのワクチンん同様に予防効果はないはずです。 なので重症化はしないように働くでしょうから、このワクチンで、コロナウイルス が撲滅はできないだろうな、とは思っています(インフルエンzなワクチンでインフルエンザがなくらなないように)。 また、日本だけ頑張っても、海外ではやっていたら日本でも同じようなことが起こる可能性もあります。


ページ上部へ