TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

消化器疾患について

一宮きずなクリニック福田大和院長が、消化器疾患について関することを日々綴っていきます。


 

クリニックなどで、拡大内視鏡(時代に逆行してかなり太いのですが、細胞の配列などが詳しくみれます)を用いているところは、内視鏡センターとしてクリニックをしているところです。 徳島大学の先輩医師でそういったところもあります。 ただ、通常のクリニックでは拡大内視鏡は相当、飲み込みにくいので、使用しないことが通常だと思います。 悪い所見があれば、大きな病院との連携をとるのが良いと思っています。 さて、公平 …【続きを読む】


 

皮膚に発疹ができるので、皮膚科で治してもらった、で安心していませんか? 帯状疱疹になる原因は、「誰でもなりえる」「再発も少ないがある」「体が疲れていると時になる」 と説明されませんでしたか? 内科をしていて、一番恐れるのは、「体が疲れていてなる」=「免疫力が低下している」 つまり、悪性疾患、とくに消化器系、によって免疫力が低下している、と考えなければなりません。 よって、帯状疱疹になったら、「癌が …【続きを読む】


 

私は徳島大学病院の第二内科に入局を、京都赤十字病院の研修後にしました。 京都赤十字病院でも胃カメラ、腹部エコーをしていたのですが、徳島大学病院の第二内科は47都道府県のうち、あらゆる大学病院で、循環器内科と消化器内科が一緒になっている極めて稀な医局でした。 その後の四国こどもとおとなの医療センターでも研鑽し、循環器内科がより専門性が高いのですが、消化器内科も専門的にみることができるようになりました …【続きを読む】


 

実は心臓を栄養する冠動脈という血管は、横隔膜に接していてその血管が詰まると腹痛という症状がでることがあります。 心筋梗塞でも、胸の痛みではないのです。 また、腹部大動脈瘤(人間ドッグ協会での腹部エコーでは大動脈はみない決まりになっているのが問題視されています)の切迫破裂(破裂寸前)、血栓が腸を栄養する太い血管を詰まらせた場合、また細い血管動脈硬化で腸に血液を運べない虚血性腸炎などがあります。 心臓 …【続きを読む】


 

取り敢えずどんな患者さんも断ることがゆるされない最終拠点病院で、難しいカテーテル治療や、緊急の心筋梗塞例で心臓マッサージしながら蘇生できた例で社会復帰もできた例(心肺停止でこられた場合、1/100が助かるも社会復帰は難しく、1/000の確率で社会復帰できる、という報告があります)の主治医だったこともあります。 そんななか、胃カメラ、腹部エコーは必ずしていました。 甲状腺のエコーと組織検査、血液内科 …【続きを読む】

ページ上部へ