TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

その他の疾患

その他の疾患について一宮きずなクリニック福田大和院長が日々感じたことや、お知らせしたいことを綴っています


 

アレルギーなどさまざまな要因で、前駆症状があり、血圧低下でショック状態になる、かなり「やばい」状態のことです。 四国こどもとおとなの医療センターでは、先輩医師がはじめて、アドレナリンを使用して、教科書には静脈注射と書いているので、その通りしたら心室細動になって、私も呼ばれ、電気ショックで容易にもどりましたが、まずは、筋肉注射が重要です。 相当悪い人にたいして静脈注射はするべきです。 私の場合は過量 …【続きを読む】


 

「咳喘息」という概念は日本と中国が主流であり、米国ではそもそもそういった疾患の概念が、CHSに含まれるような記述がある。 長引く風邪には、喘息、好酸球性気管支炎、鼻炎、逆流性食道炎の4つがメインとされているも、どれも当てはまらない点があると、CHSを考える必要があるとされています。 咳喘息と同じく、吸入ステロイドが有効であるかどうか、が重要で、短期間の内服のステロイドも推奨されています。 私自身は …【続きを読む】


 

残念ながら私は7年間、眼底鏡を使ってないので、鼻腔鏡、耳腔鏡のみしか使えません。 お金はかかりません。 聴診器を使うような感覚です。 鼻風邪かアレルギー性鼻炎かの鑑別に有用ですし、耳の腫瘍を9月には指摘でき、紹介して手術予定となっている方もいます。 私の専門は循環器と消化器内科です。 その中でも、誰にもまけない、と勉強をして、研鑽もしているのが、心エコーと心臓リハビリ、腹部エコー(私が膵臓の見逃し …【続きを読む】


 

これは、医療関係者用、と思われるかもしれません。 しかし、私自身、医者でなければ「身内が主治医にこういわれたけど、どうしたら、、、」と思うので、そういった方へ向けて書いている、と思っていただければ幸いです。 ラシックスという強力かつ日常でも通常使われる「ループ利尿剤」があり、体にたまった水を出すときに使います。 使い続けないといけない方もおられます。 「ループ利尿薬」は、水と同時にNa(ナトリーム …【続きを読む】


 

今現在、腎臓の機能が悪くなり、現在「腎性貧血」に対して、皮下注射を2週間や4週間の感覚でしている人もいると思います。 この度、経口薬がでて(でるとは思ってましたが、現時点では私の知識では「透析患者さん」だけに適応があるようです)、有名雑誌で、今までの注射薬に劣らない(こういうことを非劣勢、といって、優れてはいないが、同じ効果である、という意味です)効果をしめした、という論文を読みました。 今後、注 …【続きを読む】

1 2 3 4 5 6 18

ページ上部へ