TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

鼻腔鏡をみて鼻粘膜をみると診断がつきます(アレルギーか感染症か)

当院では、眠たくならないデザレックスや、効果が強く妊婦さんでも問題ないザイザル、だけでなく、鼻閉(鼻づまり)にも効果がある、ディレグラを処方しています。 ディレグラを通り越して、セレスタミンの処方も見受けますが、ステロイドが入っているので、内服には十分注意が必要です。 ディレグラの添付文書に循環器系のこと(頻脈など)が書かれてしまっているので、循環器医以外は出しにくいのかもしれませんね。 循環器医はほぼ問題なく処方ができますが、ひょっとしたらこの人には処方しない方がいい、という人を選別できます(つまり向いてない処方をだす確率が減ります)

また、多くの人が(医師も)しらない、鼻から吸入する薬で、粉状のものである「エリザス」を処方します。

いまだにゼリー状のナゾネックス(前方にも後方にも垂れる)をみかけますが、、、 アラミスト(やはり垂れる)よりも効果があります(ステロイドが入っているので、「鼻の部分だけ」免疫力を落とします。ちなみに欧米でのガイドラインではまず鼻からの吸入を推奨しています)

市販の薬は血管収縮効果がありますが、根本的な治療ではなく、1日に何度もしないといけないし、鼻粘膜を傷つけてしまう可能性もあります。


ページ上部へ