TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

出版、学会、研究会について


 

医者ではない人が、医療のことを深くしってもしてはいけないこと、それは、かかりつけ医を、薬ださせる医として接することです。 検診は違うところでやって、薬だけ診療所で、は危険です。 その検診内容、恐らく大動脈と膀胱と前立腺はみてないでしょう。 検診学会がみなくても良い、としているからです。 オススメは、かかりつけ医がエコー専門であることです。 なので、開業して、人の健康を守りたいと思った私は、逆算して …【続きを読む】


 

メインの講演は、近森病院の深谷先生の、抗凝固薬の現状 でしたが、その前座として、講演を20分だけしてきました。 今現在、納豆を食べても良い、新しい抗凝固薬が4種類でています。 1種類は出血しても拮抗薬があるため、カテーテル・アブレーションという、心房細動を直してしまう治療をする方が手術まで内服してもらうことが多いのですが、消化器の症状(下痢や腹痛)などが多く、最初に出すお薬ではありません。 では残 …【続きを読む】


 

9月10日(日曜日)に、瀬戸内エコーセミナーの講師として、徳島大学の恩師である、山田先生から依頼をいただき、講演してきました。 エコーのセミナーの会社としては最大手の「アスリード」という会社との連携であり、アスリードは私が何ども受講生として参加したセミナーです。 まさか一町医者になって、講師となるとは思っていなかったので、貴重な体験となり、また、講師陣である山田先生を筆頭に、山口大学の和田先生、東 …【続きを読む】


 

皆様は自宅で必ず読む、定期購読している読み物、はありますか? 当院では、各種新聞、週刊新潮、週刊女性、ホットこうち、などの読み物に加え、「ニュートン」という雑誌を開院当初から置いています。 これは私が中学生の頃から大学生の頃まで、面白い記事があれば買っていた雑誌で、昔は、3000年には人類の姿はこうなる、などの記事が多かったのですが、最近の記事は医療を扱うことが多いな、という印象です。 他の雑誌と …【続きを読む】


 

今までは「特許取得中」だったのが、5月9日に正式に特許取得の状態になりました。 もちろん医療関係で、「貧血チェッカー」という、病院で採血検査をしなくても、またした後、自分でセルフチェックができる簡易なものです。 この特許について、私の特許に興味を持ってくださった2社の企業が高知まで来てくださり、プレゼンと、契約内容について話し合いをしました。 私の本業はあくまで「医療」なので、企業に販売権をお貸し …【続きを読む】

ページ上部へ