TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

心房細動とは数ある不整脈の一つであり、心臓のなかに血の塊が出来て、脳梗塞を起こしてしまう恐ろしい不整脈です(長嶋茂雄 巨人名誉監督 がなった病気と言えば分かりやすいかもしれません)。症状がある人もいれば、偶然みつかる場合もあります。

 

私事ですが、今月、四国リバーロキサバン登録試験(Shikoku Rivaroxaban Registry Trial : SRRT)の解析結果や、今後の薬剤投与についての会議に高知からは四人のうちの一人として出席致します。心房細動に対して内服していただく薬剤について、十分な効果かつ安全に投与をするためのことを話し合う会議です。

 

心房細動には「胸がドキドキする」という「動悸」を主訴に来院される患者様のなかに多く見られます。他の不整脈が原因のことも多いのですが、不整脈といっても種類が多く、患者様に不整脈のリズムの図を見せて、「どのタイプの不整脈に似ていますか?」と聞くことがあります。 第二候補くらいまで上げてもらう事もあります。

 

心房細動の際にお出しする薬の基本は「血をサラサラ」にする薬です。血をサラサラにする薬には2種類あり、動脈をサラサラにする薬と、心臓内と静脈をサラサラにする薬があり、心房細動では後者を使用します。 その使用する薬のなかでも2種類あり、1900年代前半に、殺鼠剤として使用されていた、歴史あるワーファリンと言う薬と、近年発売されたワーファリン以外の薬に分かれます。

 

近年、心房細動は循環器専門医だけが診る病気ではなく、患者さんが多くなることからも、非専門医も診察する病気、という流れが多くなってきています。しかし私はこれには少し違和感があり、脳梗塞などの重症に発展する可能性もあるため、一度は心臓専門医を受診するべきだと思っています。

 

理由は、使用する薬が「心臓超音波」というエコーの検査で変わってくるからです。例えば「僧帽弁狭窄症(左心房から左心室へ血液が流れにくくなる病気)」という疾患があると、使う薬は、「ワーファリン」のみとなっております(2016年現在)。またエコー検査で、心房細動の原因や心臓の機能、心房細動自体を直してしまう「カテーテル・アブレーション」が適応なのかどうかが分かることがあります。僧帽弁狭窄症があるのにワーファリン以外の薬がでてしまうことの懸念や、カテーテル・アブレーションの情報が入らないことは、患者様の不利益になることがあるからです。

 

動悸を感じる患者様は一度、全く問題がない「心臓神経症」なのか、放置が可能な不整脈なのか、心房細動のように命に関わる不整脈なのかを診断するために、心臓専門医のいる病院・クリニックを受診してみてください。

 

脈

 

図の解説

①正常の脈。トン、トン、トンと正常にリズムの乱れがない。

②洞性頻脈のタイプです。面接型と私は名付けています。緊張したりすると脈が速くなり、自然と知らないうちに収まる問題のない不整脈です。

③発作性頻拍が疑われるタイプです。突然始まり、「何時何分」に突然治まった、という症状が決めてです。

④期外収縮のタイプです。期外というのは、納「期」以外に、心臓の電気の「収縮」があり、心電図では心臓の電気の収縮が診れるのですが、脈拍では「脈の空打ち」と感じます。

⑤心房細動のタイプです。発作が診察時に起こってない場合は、24時間心電図などで診断します。


先日、安芸市で高脂血症(脂質異常症)や心臓リハビリテーションについての講演を、医師の方を対象にさせていただきました。

 

高脂血症や心臓病予防だけでなく、日々の健康には適度な運動と食生活の管理が大切です。

食事療法や運動療法の大切さについては、江戸時代の儒学者、貝原益軒の養生訓に、「健康には予防が大事であり、そのなかでも食事や運動が重要である」と書かれて、昔から重要視されていたことが分かります。

 

一宮きずなクリニックでは、循環器内科のクリニックとしては珍しいと思いますが、管理栄養士が常勤で勤務しており、患者様の症状に合わせた適切な栄養指導を受けることができます。また、私の心臓リハビリテーションでの経験(現在も福田心臓・消化器科内科で受診することができます)から、どの程度の運動量が適しているかの説明もさせていただいております。

 

年齢や遺伝、持病のある方は薬物療法が必須のこともありますが、自己流の栄養管理ではなく、客観的な栄養指導を受けていただくことは、内服薬の減量に関与することが証明されています。栄養指導は年に1回など、一度だけ受けられるのではなく、複数回の指導を受けられて実践していただくことで、さらに効果があるとも言われています。

家庭の食事が変われば、ご本人だけでなくご家族、ひいては一族の繁栄に繋ぐことができると私は思っており、非常に重要な予防・治療法だと感じております。

また、適切な運動療法で体力を保つことは、将来に寝たきり状態になることなく、健康寿命が長くなることも証明されています。

 

病気や薬のことだけでなく、栄養面・運動面についても、皆様のお役に立てるよう一宮きずなクリニック・スタッフ一同で務めてまいりますので、お気軽にご相談ください。

 

FullSizeRender-1

 

一宮きずなクリニック院長 福田大和


 「一笑一若一怒一年」という諺(ことわざ)があります。笑うと一歳若返り、怒ると一歳老ける、という意味だそうです。同じような意味で、海外にも「笑うことは副作用のないベストな治療である。」という格言があり、近年では「笑う」ことは医学的に有効であるということが証明されつつあります。

 皆さまのおかげで開院してから無事に2週間が過ぎました。多くの患者さまを診させていただくなかで、より一層「患者さまの笑顔を大切にする診療」にあたっていきたいと、感じている今日この頃です。一宮きずなクリニックは、スタッフ一同、より分かりやすい説明を心掛け、患者さまの「きずな」と「笑顔」を一番に考えるクリニックにしていまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 また、末筆ではございますが、開院時には、多くの方々から貴重な寄贈品をいただき、誠にありがとうございました。この場を借りまして、感謝申し上げます。


sau_0040

一宮きずなクリニック院長の福田大和と申します。

9月1日より、高知市一宮東町で「心臓内科・内科」クリニックを開院させていただくこととなりました。

私の専門は、循環器内科、特に心臓超音波検査(心臓のエコー検査)と心臓リハビリテーションです。

癌を発症された患者さまのなかには、循環器科の病気を抱えていらっしゃる方が多い傾向にあります。しかし、循環器内科で癌を診察できる機会はほとんどありませんでした。そこで、私は救急医療や総合内科、集中治療室での治療、留学での基礎研究などで循環器内科以外での経験も多く重ねてきました。

多くの患者さまを診させていただくにつれて、患者さまの「今まで」と「これから」の人生を考えた診察・治療が大事であると考えるようになり、開院する運びとなりました。

今日、医療技術は想像もつかないほど速いスピードで進歩しています。患者さまにとって、より良い治療を受けることができるように、修行を欠かさず邁進していく所存です。

患者さまとそのご家族、地域の方々と「きずな」で結ばれ、皆さまが健康であり続けられるように、一宮きずなクリニック一同で微力ながらお力添えできるようにと頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

福田大和


ページ上部へ