TEL:088-845-0808/高知市一宮東町5丁目5-13


  • トップ
  • 一宮きずなクリニックブログ
一宮きずなクリニック

割れ窓理論、です。 私は友人に教えてもらいました。 何事にも結構応用できるのでは?と思っています。

明らかに違法駐車を私の目の前でしている人がいましたが、注意してやめてもらいました。 1台停めると、他の人もいいだろう、となるからです。

健康にお金をかけて損はない、と思います。 血圧が高いまま旅行に行っても周りに迷惑をかけるかもしれませんし、何より本人が危険です。 日本は結構恵まれた国ですが、やはり医療費(患者さんが払う)が高い、というのはあると思います。

ただ、米国で私は子供のワクチンを無料でうつ協会のような場所があるのですが、その辺に寝そべっている人がいて、とてもアジア人がいける雰囲気ではありません。 ワクチンの針も使いまわしているのでは? などと邪推してしまうので、そこはやめて住んでいる地域の大きな病院の近くにクリニック・モールがあり、その中の一つにいき、結局当時2歳の子供にワクチンを数種類うってもらいました。 4万円でした。 最初は7万円だったのですが、なんとディスカウント出来たのです。 拙い英語で「家賃とかわらないので、他でうつしかないですね」で、「次回も当院なら4万円にしますよ」と。 もっと安くできそうでしたが、それ以上安くするのも怖いのでそのままの値段で。

ちなみにトランプ大統領は投票でまけるようですが、もともと私の好きな映画「ディアボロス」に出演こそないものの、超セレブの一人、として普通に名前がでてきて、米国人の間では浸透しているような有名人です。 1年でやめるか、4年でメチャクチャ負けるだろう、と予知していた文章が見つかりましたが、その通りになってしまいました。 オバマ前大統領が良すぎたんでしょうね。 別にトランプ大統領が、ものすごく悪かった、というわけではないのですが、オバマ政権時代に留学出来たことは非常に良かったな、と思います。

やや日本の皆保険の良さが理解できた私ですが、割れ窓理論を医療に応用すると、悪いところをほっておかない、ということになります。 貧血をほっておかない、腎機能低下をほっておかない、血圧高値をほっておかない、ということです。


このコマーシャルを11/11に初めて見ました(腹立たしく)

断じて、決して同じものではありません。 有効成分のみ同じように作ったもので、薬の検証もされていません。

私が腹立たしく思ったのは、例えば知事などが、「私も全てジェネリックにしています」 などトップにたって、医療費を抑える努力をしていることをアピールすることすらしていないからです。

高知の公務員が全員ジェネリックにしているのであれば、「医療費を抑えましょう」「安いのでいいです、ただ同じものではありません、人によっては悪くなる可能性もあります」と本音で言うようなCMであればいいでしょう。

医療の素人が「嘘」のCMを垂れ流すので、ジャロに訴えても勝てると思っています。

例えば、血をさらさらにする、「プラビックス」はジェネリックになると「クロピドグレル」になりますが、もともとプラビックス自体が効きにくい人がいて、さらに「クロピドグレル」で、とある病院で血栓症が起こっていることすらしらない素人集団の県のCM作成集団です。 現場の意見を反映しろ、と言いたい。

薬局が勧めてくるのは、点数が県からもらえるからです。 患者さんのためではありません。 もちろん、以前書いたように、「良いジェネリック」もあります。 それは患者さん本人の効果の実感や、医師のもつ経験からしかわからないのに

「全く一緒なので!」とはよく言えたものだと、思います。 まず知事が「これから先、同じ成分ですので、私や私の家族は全員ジェネリックにすることを誓う」とまで言うべきです。 それが出来ないなら、CMなど虚偽で詐欺です。 患者さんに考えてもらうようなCMを作ることに専念していただきたい。


来週土曜日にあります。私は評議員もさせていただいていますので、開催30分前に行くようにしているのですが、、、

なぜ13時に評議委員会があり、13:30開始なのか不思議です。 以前から開始を14時にしてほしい、と要望をだし、2年間はそのようになったのですが、昨年からまた同じ時間帯になりました。

「高知は開業医レベルで遅れている」と、当時私しか開業医ではしてなかったのですが、それなら、開業医が参加できる時間帯にするべきです。 遅れているのは高知の心リハと言っているような心無い発言もありました。 私はすでに香川でしているし、レベルを競うわけではありませんが、開業したときでも、そんなに違いがあるとも思えません。

ちなみに香川の医療センターで私が心リハセンター長で外来も入院も開設したときは、香川では研究会がなく、愛媛にいって演題(発表)を出していましたが、開業医が中心になってしていたので、土曜日の遅い時間に開催されていたので、香川からでも余裕で間に合っていました。

高知の心リハが流行らない理由をもう一度、高知市で初めて外来心リハを開設したものとしては、まずは研究会の時間帯を考え直すべきではないでしょうか?

別に16時開催でもいいはずです。 ちなみに開業医は土曜日午後もしているところがあるので、17時開催でも2時間で終わるのでいいはずです。 14時に開催するメリットが全く私には理解できません。


厚生労働省のQ and Aがありましたので読んで見ましたが

https://www.mhlw.go.jp/bunya/iryou/kouhatu-iyaku/dl/02_120713.pdf

正直、Q and Aになってない、と感じました。 読んで見てはどうでしょうか?余計に不安になる内容です。

嘘をつかずに、ぼやかさずに、「先発品とは違うものです。有効成分のみが一緒です」とだけ書き、

「添加物が違うので作用が変わる可能性があります」と書いて欲しいと思います。

「添加物は違いますが、既に先発品メーカーが有効成分の効能は確かめているので、効果は同じです」と書くので、

「えっ? 答えになってない」となるのです。

実際にジェネリック医薬品に変えたら効果がおちた、という質問には

「プラセーボ効果でしょう。有効成分は同じなので、薬による作用はちがいません」

と、、、

私はジェネリック医薬品が駄目、使うと損をする、というほどの立場ではありませんが、

ジェネリック医薬品にも「ピンキリ」があるので、ピンのいい方ならいいだろう、命に関わるような薬はジェネリックにしない方がいい、という立場です。 患者さんの意向も尊重します。 湿布も確かに剥がれやすいですが、それがいい、という患者さんもおられます。 ただ、フランドルテープ という透明な心臓をまもる貼り薬が、妙なシップみたいな白い布に変えられて、一斉に胸痛があった、という時に、「この薬は先発品がいいし、このジェネリックメーカーは、キリ、の駄目なやつだ」と実感しました。

お金で健康に差が出る、ということに憤慨しています。


現在、「一宮きずなクリニック」とクリニック名に、循環器や消化器内科 を 入れなかったのは、内科全てをみる、という意味で、その下に、心臓内科、内科、リハビリテーション科 の 3つを入れました。 当初、心臓内科、消化器内科、糖尿病内科、超音波診断科 などを入れようと思っていましたが、「遠慮」したのと、しまさきクリニック(私は当時の院長とあったことはありませんが、リハビリに力をいれていて、器具があったので)仕方なく、リハビリテーション科をいれました。 10月から感冒の方の隔離(動線を変えること)が必要になり、定期で来ていただいていたリハビリの方には申し訳ないのですが、リハビリ室を隔離室に使うことになったので、中断させてもらうようにしました。 これはインフルエンザ予防接種を含めた、他の患者さんのための方の待ち時間短縮もあり、リハビリをしていた方には申し訳なく思っています。 4月から再開するかどうかは検討中です。
超音波診断科、は聞いたことがないので(超音波センターはありますが)、当院では私自身が責任を持って検査に当たることから、患者さんにはわかりやすいかもしれませんね。

 


ページ上部へ